RSS | ATOM | SEARCH
本当に泣けてくる!
 
日本人ってスゲー!!

心から日本人で良かったと思う!


http://prayforjapan.jp/message/
author:aokitaichi, category:言葉, 14:36
comments(0), -, - -
今・・・
 今・・・

我々にできることはなんだろう???

毎日そんな思いでいっぱいです。


電気のありがたみ、ごはんの暖かさ、生きているということ・・・

改めて実感しています。

我々の仕事は“しんぶん”を通じて、被災地の現状や被災者の方々の切実な声を

正確にそして確実にお届けすること!


東北地方で被害にあわれている方々。

心から応援しております!

“日本人は強いんだ!!”




author:aokitaichi, category:言葉, 15:11
comments(0), -, - -




歯医者に行く途中・・・

あまりに綺麗だったので・・・

車の中から携帯カメラで!!


やっぱり日本人は“桜”が好き!


でも・・・なぜ・・・???
author:aokitaichi, category:言葉, 15:25
comments(0), -, - -
ヒント
とある言葉。



  やってみせて、言って聞かせて、させてみて
  褒めてやらねば、人は動かず

  話し合い、耳を傾け、承認し
  任せてやらねば、人は育たず

  やっている、姿を感謝で見守って、
  信頼せねば、人は実らず



大日本帝国の海軍連合艦隊司令長官・元師海軍大将


  山本五十六(いそろく)


の言葉です。


私はこの言葉が大好きです。

率先垂範をした上で・・・

『きみやってみて。あっ、うまくできたね。また頼むよ!』

簡単に言えばこんな感じでしょうか?

褒めるのが苦手な日本人には、なかなか難しい!

できそうで、以外とできない!!


人材⇒⇒⇒⇒⇒人財


こうなるためには、とても大切な事ではないでしょうか?

良い所を見つけて“褒める”

永遠のテーマですね。(笑)
author:aokitaichi, category:言葉, 14:23
comments(2), -, - -
ヒント
・・・とあるお話・・・


  中世のある町の建設現場で、三人の男がレンガを積んでいた。

  そこを通りかかった人が、『何をしているのか?』と尋ねた。

  一人目の男は・・・

  『レンガを積んでいる』

  二人目の男は・・・

  『食うためにこうして働いているのさ』と言った。

  三番目の男は“明るく”顔をあげてこう答えた。

  『後世に残る町の大聖堂を造っているんだ!』



これは、有名なビジネス訓話『三人のレンガ積み』です。

今風にいうと・・・“深い〜い話”???



 どんな些細な仕事にも意味を見出した人は幸福です。
 冷めた悲観主義はいたずらに自分を落ち込ませ、ますます狭い方へ追いやるだけです。
 たくましい楽観主義こそ自分を助け、自分を開くもの。

 冷めた悲観主義か、たくましい楽観主義か、その分かれ目は、その仕事に
 自分なりの意味を与えられるかどうかです。



  あなたの仕事は何につながっていますか?

  
author:aokitaichi, category:言葉, 13:57
comments(0), -, - -
ヒント
・・・とある言葉・・・


  現場に行って、自分の目で見ろ!



いわゆる“三現主義”というやつで・・・


  現場・現物・現実



現場へ赴いて現物を見て、現実を直視する、という意味です。

これは、問題解決の基本を示していて、リーダーがもつべき、最低の資質

なんだそうです。三現主義に徹するリーダーのいる会社は伸びるそうです。


 たとえば部下が不祥事を起こしたとき、上司がすぐにその現場に赴いて

処理すれば、事件が大きくならないうちに沈静化させることができる。

あるいは事故などが起きたとき、上司がすぐに現場へかけつけて現状を把握

すれば、対応や改善をすぐさま行動できるでしょう。

これらはすべて、三現主義によって解決できる問題なのです。


問題が起きた、または起きてしまった時・・・

我々はすぐに“三現主義”なる行動を実行できているだろうか?


とある映画で、こんな有名なセリフがありました。




  事件は会議室おきてんじゃねぇーー!

  現場でおきてるんだぁーーー!!





うーーーん!納得!!


author:aokitaichi, category:言葉, 11:44
comments(0), -, - -
ヒント
・・・とある言葉・・・



  ABC




決してふざけてるわけでは、ありませんよー!!

頭では、理解していてもなかなか・・・



  A=あたりまえのことを

  B=バカになって

  C=ちゃんとやる



(笑)(笑)(笑)


こんな本が売ってたので、買って読んでみました!

おもしろかったですよ!


これからの“ABC”はこうあるべきですね(笑)


author:aokitaichi, category:言葉, 09:14
comments(0), -, - -
ヒント
・・・とある言葉・・・



  風林火山


 疾きこと風の如く
 徐かなること林の如く
 侵し掠めること火の如く
 動かざること山の如し


言わずとしれた、“武田信玄”の言葉。

ただ、元は“孫子”だそうです。

昔は嫌いだった『歴史』の勉強も、最近ではとっても好きになりました。

特に、戦国時代の武将といえば・・・


  織田信長
  豊臣秀吉
  徳永家康

の3人が、“あなたのタイプは?”なんて例えられたりしませんか?


でも、私は“武田信玄”が好きです!!

「風林火山」は、仕事に例えるとこんな感じになるのでは?


 
 情報を風のように素早く集め
 分析を林のように静かに落ち着いて行い
 機動力は火のように激しい勢いを保ち
 信念は山のようにどっしり構えて動じない。


戦記に記されるだけあって、素晴らしい言葉です。



そして・・・もうひとつ・・・

武田信玄といえば・・・



 人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり



 勝敗を決する決め手は、堅固な城ではなく、人の力である。
 個人の力や特徴を掴み、彼らの才能を十分に発揮できるような集団を
 作ることが大事である。
 また、人に情理を尽くすこと、誠実な態度こそが相手の心に届き、
 人を惹きつけることに繋がり、逆に相手を恨めば、必ず反発にあい
 害意を抱くようになる。


たしか・・・こんな意味・・・だったかな??


“企業は人なり”


すごーーーーーーーーーーく昔の人が、こんなことを考えていたという事は

今でも十二分に通じる考え方。


もっと歴史の勉強しようかな?(笑)


author:aokitaichi, category:言葉, 11:32
comments(0), -, - -
ヒント
・・・とある言葉・・・



  やって見せないと評価されない




プロスポーツやビジネスの世界において、これはきわめて当たり前のこと。

実際にやって具体的に成果を見せないと、評価はされません。

具体的な実績を上げて何ぼの世界です。



  本日は給料日!



“給料”とはあなた自身の評価です。


  給料は“会社”から貰うのではなく、“お客様”から頂くもの!


“成果”とはお客さまからの評価です。

author:aokitaichi, category:言葉, 12:54
comments(0), -, - -
ヒント
・・・とある言葉・・・


 目標とは予測ではなく意思である。



目標とは、“こうしたい”という見通しや希望ではなく、

“こうするのだ”という強い気持ち、意思である。


目標を定めたら、必ずそこに到達すると強く意識することで、頑張れる。

目標は達成させるために立てるもの。

途中であきらめたり、投げ出してしまうようなものは、目標とはいえない。

また、必ず達成できるような低い目標でもいけない。

自分の実力よりも高く設定し、達成するまで頑張るという強い意志をもって

臨むことで、自らをレベルアップさせることができるはず!



昨日の定例社員会で最後に述べた、

「会社のレベルアップ・自分自身のレベルアップ・社員のレベルアップ」

を必ず有言実行させたい。

改めて“会社の拡大”と“経営者の育成”をテーマに「強い意志」で臨む。


次回の“打ち上げ”宴会は、


 『祝!目標達成!!』


で、思いっきり騒いで“おいしいお酒?”を飲みたいなぁ!!



author:aokitaichi, category:言葉, 10:40
comments(0), -, - -